mhf サーバー1猟団 ブレイブハートfrom7 攻略

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

回避2か回避1か 

先日 コメントで回避2がいいのか回避1がいいのか?の質問をもらったので
くわしく長々と文にしようと思います

そのときのコメントのレスで自分はとりあえず回避2をプッシュしたのですが
その理由を書きます

まず 回避2にすることのメリットとして一番に上げれることが回避率の安定
単純に考えて回避無しよりは回避1の方が安定するし回避1よりも当然回避2の方が安定する
これは言うまでもない

次に ガードと回避を両方できる装備にしていると迷いが生まれる
迷いが一瞬でも生まれると 迷っている時間が経過して頭の中で回避する余裕がなくなったり
回避するタイミングを計れなくなって簡単なガードを選択してしまう。
簡単な事をやっている以上 プレイヤーとしての技術の向上はないと個人的には思っている


次に 最近のモンスターはガードしても削りがあったりガードできない攻撃が多い傾向にある
また 多段HITの攻撃は何度もガードしてしまってスタミナが異常に削られたり、
ガードの方向が逆になったり めくりがあったりガードそのものの技術がいる攻撃が多くなってきていて
最近のモンスターでの話しをすればガード主体だからといって簡単に安定とは言いづらくなってきてる


次に ガードすると機動力が失われる
ガードをすると一瞬ではあるけどガードを受けたモーション硬直があり
その後は基本的にガツキをするしかなくなる
ガードの硬直の直後に砲撃や切り上げ 前方を出す場合はガードを外さないとできないから
攻撃のバリエーションが減るし 攻撃が単調になる 
例えばこの前のグレンの動画のような モンスターの攻撃にあわせた砲撃なんかはやりづらくなる


次に ガード主体だと機動力が低いので壁際に追い詰められやすく、
壁際に追い詰められたら 圧倒的に不利になると思う

ガード性能をつけると削りがなくなったりガードバックがなくなったりとメリットはあるが
ガードバックがなくなるというのはメリットのようでデメリットでもあると思う

モンスターの突進やブレス等をガードするとき 角度を横にしてガードすると、
多少の削りはあるにしろ 背中が壁際であってもガードバックで壁際から脱出できたり
モンスターの軸をずらせるので モンスターが軸を合わせなおす時間を稼ぐことができる
 そもそも壁際に追い詰められる前に突進などの攻撃はガードを全て横で受けるようにすれば
狭いエリアでも 回るように立ち回りができて壁際に追い詰められることが極端に減る
 
これはグレンの動画なんかでもガードするときはほとんどサイドでガードしているので参考になるかも

例えばソロで怒りラージャン  壁に囲まれたような凹んだ場所でラージャンの突進をガード性能でガードする
ラージャンは自分を通り越して壁と自分との間にいる
次にラージャンはバックステップをする それは180度逆を向いてガードをする
その後ラージャンはジャンプブレスをする これはサイドガードをしてブレスの弾と着弾の衝撃をガードで対応
着地したラージャンは左右のぶん殴りを連発、回転攻撃、長いブレスと次々に攻撃をしかけてくる
この場面をイメージしただけで死んだなって思う

凹んだ地形からは出ることができず 反撃もほとんどできないし
ガードも角度を変えたり サイドガードしたり技術がいる
いつになったら抜け出せるのだろう しかも壁際でカメラが完全にバカになってる状態、、、、

一方ガード性能無しの状態だと 壁に囲まれたような凹んだ地形であっても最初のラージャンの突進を
サイドガードすると壁に角度をつけることができ 次の攻撃をさらにサイドガードすると 
完全に壁から脱出できる 多少の削りはあるが 怒りのラージャンの攻撃をまともに喰らうよりは断然マシ
最初はなれないかもしれないが ガードする攻撃を全てサイドでガードすればピンチを未然に防ぐことが出来るし
サイドガードに慣れることができる



次  回避を本当に極めれば回避のタイミングを微妙ではあるけど調節できるとおもっている
これは超高難易度なんで ほとんど理想の話ではあるが、、、
なかなか文で説明するのは難しいので例えの話での説明

例えば、ベルの怒り始めの急降下の稲妻キックの場面
回避ではなく 分かりやすく緊急ダイブで例えようと思う
ベルのキックの電撃の判定は一瞬だが ダイブの無敵時間いうまでもなくかなり長い
ベルのキックが地面につくと同時にダイブするとダイブの時間が長いために先にベルが動き出してしまって、
自分がダイブのモーションの硬直から開放されるときにはベルの次の攻撃が重なっているかもしれない
 対象的にベルのキックの電撃の判定をダイブの無敵時間の最後らへんのギリギリのところで回避すると
さっきの例えよりも、より早く次の行動に移ることができ 一発多く攻撃を当てることができるかもしれない
ちょっと文にするのが難しいけどw

上に挙げた例はダイブの話だけど
基本的には回避でも同じことが言えると思う 
回避スキルを2にすれば 単純に無敵時間が伸びるというが
無敵時間が延びるのは回避の無敵時間の終わりの部分が延びるわけだから 
回避行動を早め早めに出すことができる
早めに出すと次の行動は早く動けるわけで ちょうどモンスターの攻撃後のスキを多く利用する形になる

もちろん回避を早く出さずに ギリギリまで攻撃して回避を遅くだしてもいいじゃないか?って話もあるとおもう
しかし それもこう考えると?

回避2にしていると 早めに出すこともできるし 遅めに出すこともできる
しかし 回避1もしくは回避無しだと 遅めに出すことはできるが 早めにだすと失敗する
回避にたいする順応性がたかい
もちろん上に上げたのはかなり高いレベルでの話しで難しすぎる難易度だけど
動きの早いカムオルガロンなんかにディレイ戦略でいって ショートタックル連発の場面なんかで想像すると
イメージしやすいかもしれない 

それ以外に ガンスってのはPT戦でキレイに立ち回るためにはSAや回避を利用して
味方の攻撃も回避する事が必要で
回避があったほうがPT戦もやりやすい 小さい固体のモンスター相手にガード性能があったとしても
味方のPTが自分のほうによってきて乱舞とかを始めると乱舞を全てガードして何秒も硬直してしまうし
スタミナも削られる
視野が広いプレイヤーで味方の双剣が自分のところに来て乱舞することが予測できても
ガードを解いてからの移動では遅れるかもしれないし乱舞がはじまるとステップで逃れることがむずかしい

しかし回避2があれば そもそもガードをあまりしないので 双剣が来ることが予測できればステップや
歩きで移動できるし、
間に合わなかったとしても 回避で抜けることはできる

上に挙げた事が、回避2をすすめた理由だけど これは全て持論だから
読む人によっては納得できない部分があったり納得できる部分があったりだと思う

俺もガンスもって最初のころはガード2をつけた装備でやってた
次はガード1、回避2の装備になって
最終的にはガード0回避2で安定した
回避2をメインで使っていた時間が長いから回避のメリットを語る事はできるけど
ガードメインのプレイヤーに聞くと俺が気づくことができなかったガードのメリットを知っているかもしれない

回避スタイルで長くやってきているけど今まで回避に相性悪いな~~回避じゃ戦えないな~
このモンスターはガード2装備作って対応しようかな~~って思ったことは一度もない事

こんな持論が参考になるかは分からんが 一応俺の思想ということでw

 











スポンサーサイト
[ 2010/10/18 14:47 ] 未分類 | <TB(0) | CM(1)
まりもさん コメントありがとうございます
斬ガンスの装備も色々とスキルは必要かと思います
そこらへんも各プレイヤーの塩梅によって変わると思います
そこらへんも語りだすと長くなるので詳しくは記事にいたしますw
[ 2010/10/26 03:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ブレイブハートfrom7

Author:ブレイブハートfrom7
ブレイブハートfrom7の団長ターキーのブログです
猟団のことや自身のことや攻略などなど載せて行きます
ニコ動にも動画UPしています

最近のトラックバック
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。