mhf サーバー1猟団 ブレイブハートfrom7 攻略

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

片手 

最近はひたすら剛デュラをやっています
とりあえずガチでやってて昨日やっと10枚あつまりました
しかし 靭尾が必要との事でまだまだ製作にはいたっておりません、、、

剛デュラもいっているんだが、ハードコアレイアもよく団員といってます
ハードコアレイアの新素材がほしいのだが なかなかでない、、
ハードコアチケがなくなるくらいいったわけだが それでもでない、、
なくなったハードコアチケは団クエのネコのクエをクリアすればでるのでたいしたことはない
どうせ ネコ一匹殺すだけなんで クエがはじまって5秒くらいでクリアはできる

レイアを連戦やっていると いつのまにはSRは22と 結構あがっていた
んで レイアもそうだけど ババやドド ゲリョ クック ガノ ヴォル
とにかくSRになっていろんなクエに新片手でいった

そこで 片手の戦い方がなんとなくではあるが ようやく見えてきた
簡単にまとめようと思う

今回の新スタイルの片手で強くなるために もっとも重要なことはSAだと読んでいる
昔の片手はジャンプ斬りからのコンボで最終的には前転や横転で離脱
そして ジャンプ斬りからのコンボってな感じでほぼ永遠SAが付きっぱなしの状態で攻撃することができる

もちろん新スタイルでもその戦法は可能ではあるが 旧スタイルに比べると
性能面で劣る
その 理由は前転がステップになったからだ。
ステップは前転に比べて移動距離が半分くらいになる
だから 1ステップではなかなか安全場所には移動できなかったりする
移動できたとしても そのままジャンプ斬りをすると 
ジャンプ斬りでの移動距離はステップよりも長いので 思った場所よりも前にいく

ティガでいうと頭を攻撃していて バックステップで下がって
そのままジャンプ斬りをすると 首にいったりする
首にいくと 前に移動すれば腹で止まり 横に移動すると腕でとまり
後ろにステップでも安全な距離にはいけない しかも
軸あわせのときティガは前足に攻撃判定があるので こける 
そして 次の攻撃をくらう
これがダメなパターン

では どのように立ち回ればいいか?
今回の新スタイルのもっともキーになるポイントはやっぱり二段斬りにあると思う
二段斬りを有効活用すれば いろいろな場面で長方する

二段斬りの特徴として
まず欠かせないのがSA
そして コンボ中ほとんどの場面で出すことができる
攻撃力が大きい
一発目は左から発生 二発目は少し前に進みながら剣を前に突き出すので
片手ではもっともリーチのある攻撃になる
無限ディレイ
弾かれ無効

今までの旧スタイルの片手でSAのある攻撃はジャンプ斬りだけだった
しかし 今回の新スタイルはジャンプ斬り+二段斬り
しかも二段斬りはジャンプ斬りと同じくらいの長さのSAがつく
ってことは 混戦の中にジャンプ斬りで飛び込みコンボを入れて最後に二段斬りで終わって
ステップをせずに そのまま歩いていけばこけずに移動できる
前回にもいったが アイテムも使える
そのまま 切り上げや切り下げから攻撃をして ジャンプ斬りをまた出せば
混戦のなかで しかも ほぼ場所を動かずにこけずに攻撃を出し続けることができる
これを利用すれば 圧倒的な手数は出せないが 安定した手数は出せる
そして SAがなくてこけるっていうのは 結構 被弾の元だから
守備的な面でも長方する

ただ 注意したいのが二段斬りの後のステップ
二段斬りの後のモーションをステップでキャンセルできるわけだけど
このキャンセルは攻撃後のモーションをキャンセルすると同時に二段斬りで発生したSAも
しっかりキャンセルされる だから容易にだしてはいけないと思う
状況をみて 自分がPTの攻撃でこけないことを確認して出す必要がある
今 片手の新スタイルを使っていて コンボの最中にSAをキャンセルするかキャンセルしないべきかを
いつも考えながら攻撃しているわけだが、、なれてくれば考えずに体が勝手に動くと思う
そうなれば もっといい立ち回りができると思う

でも これは時間のかかることで ゆっくりやっていこうと思う

そして 二段斬りはコンボ中 ほとんどの場面で出すことができる
しかもディレイを無限にかけることができる
これを利用すれば 守備的にも優れた技になる
モンスターの攻撃が終わり次の行動に入る直前に二段斬りを出す
そうすると モンスターがどの攻撃をしてきても対処することができる
旧スタイルでも回転斬りは無限ディレイで結構回避に向いている攻撃だった
今回の新スタイルも無限にできるわけだけど 回転斬りに比べると攻撃モーションの長さがぜんぜん違う
かなり長い時間の攻撃モーションだから キャンセル受付時間の前にモンスターの攻撃がきたら
対処の使用がない でもさっきも書いたように二段斬りを出した後のキャンセル受付時間は膨大で
硬直時間いっぱいまである だから できるだけ早めに二段斬りをだしたほうがいいってことになる
すべてのコンボの閉めを二段斬りにするのが攻撃力てきには理想になると思う

例えば 新スタイルの片手の基本コンボは 
ジャンプ斬りから入って盾コンの直前で二段斬りと思う
二段斬りの前に4回攻撃をする これが瞬間的には最大ダメージになると思うけど
別に4回攻撃して二段斬りを出さなきゃいけないわけでない
3回攻撃して二段斬りでもいいし 2回攻撃して二段斬りでもいい
それを利用すれば 片手でディレイを利かせながら立ち回るのも理論上できると思う
もちろん回避目当てでステップを出す直前が二段斬りである必要はないが
それ以外の攻撃モーションはディレイの利きが極端に短いので緊急的な使い方になると思う
あくまで 回避目的で出す場合はディレイの幅がおおきい二段斬りが向いている

二段斬りのリーチ
一発目はガンスの切り上げのように左後ろから発生している
一見こんなことどうでもいように思えるけど
剣筋を意識するのは斬武器にとって重要だと思う
おそらく片手の攻撃モーションの中でも二段斬りはダメージ的にデカい部類になると思う
だから できるだけ空振りせずにきっちり当てていきたい
一発目がキャラの左後ろから前を通って切り上げるってことは右半身には一切判定がない
ってことはこのモーション事態左に強く右に弱いモーションになる
ってことはモンスターを右においていたら攻撃を当てることはできない
だから二段斬りだけのことを言うとジャンプ斬りからのコンボを当てるときも
少し左から飛び込んで角度をつけたほうが空振りがすくない
二段斬りのダメージは高いので少しだけ意識した方がHIT率と長時間でみたときの総ダメは稼げると思う

そして 二発目の切り下ろしは前に対してかなりリーチがあるので
レイアの噛み付き中の頭に合わせたりもできる
そして二発目の切り下ろしは真上からの発生なので 
レイアのサマー中の羽にもタイミングを合わせれば当てることができる
しかしガンスの砲撃なんかに比べれば タイミングはかなりシビアだと思う
あとは慣れか、、、

二段斬りは弾かれ無効
だから 例えば肉質の硬い箇所でもガンガン出していける
もちろんダメージはしょぼいので あくまで属性を入れるって意味での使い道になる
モンスターが落とし穴に入っていて 普通に斬れば弾かれるがあと少しで麻痺が入るかも
って時に使ったりはできると思う

そして今回の新スタイルは最初にかいたようにもぐりこんでモンスターの足元で攻撃をするっていうよりも
モンスターの先端を意識して攻撃するほうが安全で長い時間でみたときの火力はあると思う
しかし 片手のもっとも決定的なウィークポイントのリーチが短いって事実は変わらないわけだから
そんな攻撃スタイルをしていると 空振りは多くなる
だから そんなときはステップをこまめに取り入れていくべきだと思う
外すことが確定しているコンボをするよりも
確実に一発、二発当てたほうがいい
だから 極端な話 一発あててステップ 切り上げステップ 切り上げステップ
って感じで 確実に当たる箇所に移動しつつ チャンスの時は二段斬りまでしっかりだす
そして モンスターの攻撃を予感したら距離をとるか
二段斬りを早めに出してディレイ回避を攻撃にあわせる
これが理想的な立ち回りになると思う
あぁ 多分片手を使いこなせるようになるのはSR600くらいだな



スポンサーサイト
[ 2010/05/01 20:17 ] 未分類 | <TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ブレイブハートfrom7

Author:ブレイブハートfrom7
ブレイブハートfrom7の団長ターキーのブログです
猟団のことや自身のことや攻略などなど載せて行きます
ニコ動にも動画UPしています

最近のトラックバック
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。