mhf サーバー1猟団 ブレイブハートfrom7 攻略

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アレッシャンドレ 

はい みなさんお待たせしてすみませんでした
トカゲの記事を書きます

トカゲの前に最近ビバリウムを変えました
前のビバリウムを覚えていますか?
前は池があってポンプで滝を作っていました 壁をチョロチョロ水が伝う感じです
それをぶっ壊しました

っていうのも まず第一にちょいちょいいじっていたらポンプの水の勢いが変わります
それは結構重要で 水が強くなりすぎると壁をつたって落ちる感じの滝にならず
ドババババッと垂直落下するガチな滝になります
坊主が修行するような感じの滝になります
そうなると まず壁に貼ってあるコケに水が行かず全滅 そして下においている植物にダメージがかかって死ぬ
ソイルに辺な穴ができる 復帰させるためにはまたポンプ周辺やホースをいじる 
どんどん壊れる方向に向かう
っという完全な悪循環であります

そしていっそのことポンプなんていらねーという決断にいたりました
まず 説明しますと 一番底面には軽石が敷き詰められています
かなり厚くいれました 水の循環です 水を動くようにしてくさらないようにしてます
その上にヤシガラを引いています このヤシガラで高い部分と低い部分の高低差をつけています
ヤシガラの上にコケを敷いています

軽いしとヤシガラはどうでもいんですけど 大事なのはコケ
今回使ったコケはハイゴケ8割とスナゴケ2割です
前回のビバリウムにもハイゴケを使っていました
あのときはヤフオクで購入しました 今回はモスプランで購入しました
同じハイゴケでも生き生きしているような気がします 次回からもここで購入しよう
色も黄緑でいい感じです そしてスナゴケも可愛いです

そして今回は水場は設けませんでした
なぜ 前回のビバリウムが難しかったか、、、、それは陸地と水場を作ったからです
これが180センチくらいの水槽ならいいのかもしれませんが
俺のケージの小ささでこれを再現するのには無理がある
結局 二頭追う者は一頭も得ずっていう言葉どおりです 漢字があってるかどうかはわかりません
とりあえず今回は完全な陸地 そして日当たりを良好にするために
ケージの下にはテレビ台(回転台)を強いています   日光がいい感じの時はこれをつかって
ケージを180度回転させて日光を当てて 植物に刺激をあたえます

植え込んだ植物は 観葉植物の王様ことポトス 剛健で知られています
南米の雄こと珈琲 これは前回からの生き残りです
熱帯の主ことパキラ これも前回からの生き残り
ニュージーランドの風雲児ことワイヤープランツ これは買いなおしました かなり枝の太い固体が届きました
最後に なんとかのなんとかことリュウノヒゲ 唯一色が緑ではありません

もう お気づきですね、、、、
そうです 今回のテーマは緑です
ええ緑一色です しかし こうやって見ても 同じ緑は一つもない
薄い緑 濃い緑 黄緑 真緑 光沢のある緑 光沢のない緑 まだらな緑 均一な緑
そして今日の緑と明日の緑は違う
いあ まばたきしている間にその色は若干ではあるが変わる
これが生きている植物のいいところです

ちょっと写真をとりましたビバ
ビバ2
いいですねこれぞビバリウムって感じです
しかし写真ではこのミドリの鮮やかさが写しきれていないのが残念です
多分夜中っていうのもあるし 部屋の照明が暗いのと ビバリウムの照明の蛍光灯が弱ってきているのが原因
そしてこのビバリウムには以前いたカエルがいません
現在カエルは専用の水槽で飼っています  っていうのも冬でやばいからです
それに糞のメンテナンスや衛生面を考えるといつも清潔にできてメンテしやすいシンプルなつくりの
環境の方がいいと思ったからです かなりデカくなりましたが 写真を撮るのを忘れましたが
撮り直すのはめんどくさいので今度にします

結局 このビバリウムはかなりシンプルでこのケースの中にはなんの機会も入っていません
人工物は一切ありません ただの石と土と植物です それがすばらしいと思います
自然の情景をただ切り取って ガラスに入れた これがいいです

次は昼間の明るい時の鮮やかな写真を取りたいです

ビバリウムがかなり長くなったので本編のトカゲの話は軽くにしておきます
サイズは15センチくらいになっていました
前回計ったときが確か12センチくらいでしたよね?めんどくさいので過去の記事はいちいち読みませんが
たぶんそれくらいでした
3センチものびました たいしたもんです 
エサも人工のエサと たまにキャベツや小松菜をあげています
写真をとりました
パト
ケージを覗くとバスキングしていました バスキングとは日光浴みたいなもので
変温動物が体温を上げるために温度の高い箇所でする日光浴です
バスキング中の写真でもよかったけど擬似太陽ライトの光が黄色なので
部屋のほうに拉致しました
パト2
手の中で寝てしまいました 人間の手ってあったかいからトカゲにとっては居心地がいいようです

パト3
腹をベタっとつけて完全にやる気なしな感じが愛くるしいです しかしカメラが珍しいのか
しっかりカメラ目線をくれました
パト4
あんまり続くとかわいそうなので もどしてあげました
んじゃ また来月の終わりくらいに成長期をします
スポンサーサイト
[ 2010/01/28 05:04 ] 未分類 | <TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ブレイブハートfrom7

Author:ブレイブハートfrom7
ブレイブハートfrom7の団長ターキーのブログです
猟団のことや自身のことや攻略などなど載せて行きます
ニコ動にも動画UPしています

最近のトラックバック
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。