mhf サーバー1猟団 ブレイブハートfrom7 攻略

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

龍激を当てる 

クエには完全な遊びと 効率と 好きな武器でガチって感じの3種類に分かれると思うんだが
今日は好きな武器でガチってノリになったときの話
ちょっとそのことについて思ったことを、、、、

ガンスが上手いか下手かは龍激の使い方を見ればわかると個人的には思っている
どんな流れで龍激にもっていったか?
龍激を当てる確立
龍激を打つタイミング
龍激の打ち方のバリエーション
龍激で何を狙っているのか?
今日はこのへんについて

まず 龍激を撃つときにどんな流れで竜激を打っているかってのは結構大事だと思う
たとえば 切り上げ→ガツキ→切り上げ→龍激
この流れでいくと 3発目の切り上げのあと龍激につなげるにはまたガードするところから始まる
しかも 3発目に切り上げを入れて最速で出そうとすると
ステップで切り上げのモーションをキャンセルしなきゃいけない
ってことは いいポジションにいても後ろか左右に移動してしまう
それからまた 最初の場所に移動してたら もっと時間がかかる
だけど 切り上げ→ガツキ→ガツキ→龍激
に すると ガツキのまま 移動もせずに龍激につなげることができる
これは 基本中の基本で ガンスをある程度使っている人なら
むしろ無意識にやっていることだと思う でも こういうのが重要なんだとおもう
こういうことからMADにしたい、、
まーMADの話はおいといて
この龍激にもっていったプロセスを見ただけで 
その人がガンスをどれだけ使っているかが少しわかる
コンボから龍激にもっていくときは 直前の攻撃をガツキにすることが基本


そして なによりも重要なのが龍激をヒットさせることができる確立

クエが終わって 「あ このクエで龍激ほとんど撃ってないや~~」
このノリが一番寂しいわけだけど
龍激をしょっちゅう外すのも考え物だ
完全な遊びモードで 空気的に突進を龍激で止めたりする感じのときは仕方ないわけだけど
ガンスでガチでいっているときに外したくはない
龍激はガンスにとって貴重なダメージ源で
PT全体にとっても重要な存在になることもある

冷却が完了したからといってすぐに撃つ必要はない
もし 冷却が完了して 普通にモンスターに当たる見込みがない場面で着火する
発射までにモンスターが移動して龍激を無駄にする
すると 45秒龍激を打つことができない しかもキレアジを20消費する
そうなると 次の龍激のチャンスの時に冷却できていなわけだから
撃つべき場面で打てない 
こうなると龍激はガンシストのダメージ源ではなくなって
キレアジを奪い 逆にガンシストのトータルダメージを減少してしまう

ガンシストにとって一番重要なことはココなんじゃないかと思う
龍激を打つ場面と打たない場面の線引きをどこにするか?

ここからは俺の考えている線引きなんだけど
俺は龍激を基本は打たない
ただ 確実に当たるタイミングで冷却できていたら打つ
さて 確実な場面とはいつか?
落とし穴やシビレ 麻痺 睡眠 スタン この変は確実
しかし PTでクエにいっていると 他のメンバーも群がる場面になる
ここで周りを見て確認も出来ていないのに 着火するのはナンセンス
自分の龍激はあたるかもしれないが 周りのPTを吹き飛ばして 
結果 PT全体の火力は圧倒的に落ちる
そこで 状況判断力とアイデアが必要になる

普通に撃ってもいいのか? 背面着火がいいのか? 遠距離がいいのか?タイミングを変えるべきか?
背面着火は攻撃をピンポイントで当てる事ができるわけだから
まわりのPTを飛ばす可能性は低いが それでも飛ばしてしまうことがある
そんなときは撃たないほうがいい

それに 気をつけなきゃいけないのが 
たとえば 麻痺したときに モンスターとの距離が背面着火のリーチでは届かない距離にいたとき
ガードをしたまま モンスターに歩いて背面着火をする
これは時間がかかってスムーズではない
そんな微妙な距離の時は一回バックステップして遠距離で当てたほうがまだいい
それか 自分がホストなら モンスターに当たらない位置で着火して
発射までに モンスターに当たる角度に調整したらいい
そしたらモンスターにだけ龍激をあてることができる
非ホストの場合意味がないので注意
それか 周りを十分に確認できて龍激のリーチを熟知していれば
PTに危害が加わらない最善の部位を見つけて そこにギリギリあたるように当てるのもアリ
普通に撃てばただの迷惑極まりない龍激も
慣れてくれば被害を最小限に抑えて撃てるようになると思う

状態異常以外で龍激が当てれるパターンは
モンスターのアクションの隙
これは 完全なパターンで いくつもあって書けないくらいだけど
すぐに思いつくのは
レイアやレウスのブレス(非怒り)や他のモンスターのビーム
レイアのサマー着地
レウスの滞空ブレスの着地
ベルのキックでの回避打ち
ナス亜種のタメ尻尾の4時の方向
とにかく挙げだしたらキリがないわけだけど
どの攻撃も安全な場所と安全なタイミングがあって それを熟知していることが重要で
やみくもに撃っても逆に攻撃をもらう
このモンスターのこの攻撃にこれだけ隙があるから 
この位置からなら龍激があたる可能性が高いって予想することが大事だと思う

他にも撃つべきポイントはあって その中でもとくに基本なんだけど
最重要なのが 怯みの跡
一番大きな隙になるモンスターの怯みはダウン
怯みのモーションの最中に怯みを起こすことはないので
怯みのモーションが終わるタイミングを知っていることが重要
モンスターがダウンしたら 基本的にPTの攻撃チャンスになる
そこで竜激を打つよりも
ダウンが終わって起き上がるとこで龍激を当てて
連続でダウンさせたほうが 2倍も3倍も価値のある龍激になると思う

そのダウンの復帰にまた他のガンシストが龍激を当てると またダウン
これだけの時間を作れたらなんでもできる
スタンもできるかもしれないし 尻尾なんかの部位破壊もできるし
罠もおける 閃光もあてれる とにかくなんでもできる

ガンスの役目はいくつかあると思うが最も重要な役目の一つがココだと思う

他にも 龍激のチャンスの代表格は部位破壊の直後
たとえばモンスターが麻痺してタイケンや太刀のリーチの長い切断系は
尻尾にいくが このときガンスが無理に尻尾にいく必要はそこまでないと思う
ガンスが無理に尻尾にいくと太刀やタイケンに気を使わせるし
スーパーアーマーのないガンスが太刀とタイケンのいる尻尾の下っていう
密集地帯に入っていってこけずにいい仕事ができる可能性は低い
それよりも頭を攻撃しといて
尻尾が切れたときに バックステップして切れたあとモンスターが来るであろう場面で
安全に確実に龍激を当てるほうがPT全体で見れば価値がある

ガンスの切り上げは尻尾をきるのに対して有効な攻撃手段ではあるけど
武器を出した状態で移動が遅く 武器をしまうのにも時間のかかるガンスが
わざわざ尻尾にいくひつようはない 
それよりも確実に龍激を当てたり ダメを削ったほうがいいと思う
尻尾を狙うのは 流れの中で自然に狙えるときでいいと思う


他にもチャンスはたくさんあるんだけど
それ以外のチャンスは言葉にするのが難しい 
とにかくちょっとした隙
すこしでも隙があれば狙える それは確実に当てることができるチャンスではないかもしれないけど
あたるかあたらないかの博打で撃つよりも 
少しでも当たる確証のある状態で打つことが大事だと思う
龍激はタイケンやハンマーのタメとは比べ物にならないくらいのリスクがある

着火から発射 反動までのトータルの時間は5秒にもなる しかもキャンセルは基本的にはできない
5秒間の完全な無防備のリスク

一度撃った龍激には冷却時間が必要
45秒に一度という 時間的な問題

当てても外しても切れ味消費も激しい
キレアジを20消費するというデメリット

それと PT全員を飛ばしてしまう可能性がある

これだけ危険な技はない しかもキャンセルをすることが基本的にはできない
着火してしまった後は運任せ
出来ることといえば角度をひねるくらい、、、
それもソロやホストでない限り反動の方向を調整するくらいの意味しかない
結局 キャンセルができない 隙の多い技なわけで リスクも多い
着火したあとは 運任せ
しかし 知識やアイデアや経験で その運の要素を少しでも削って
狙って当てることができるようになる

経験や知識のないプレイヤーが使ったときと
経験や知識があるプレイヤーが使ったときとで
使い物になるかならないかがハッキリわかれる武器だから
ガンスは今日もおもしろい




スポンサーサイト
[ 2010/01/13 05:18 ] 未分類 | <TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ブレイブハートfrom7

Author:ブレイブハートfrom7
ブレイブハートfrom7の団長ターキーのブログです
猟団のことや自身のことや攻略などなど載せて行きます
ニコ動にも動画UPしています

最近のトラックバック
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。