mhf サーバー1猟団 ブレイブハートfrom7 攻略

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オフ会おつかれさん 

ただいまです
オフ会おつかれさまです
本当は帰ってからすぐに記事を書きたかったけど
かなり疲れていたので今になってしまった><
ちょっと日記風にたらたら書いていこう

31日の夜中2時くらいにクラレンスが待ち合わせのパーキングエリアについた
そんで俺と合流 クラレンスは予想通り小奇麗な感じだった

そんで クラレンスの車でにのっちの広島へ
車内でBGMで常にABCさんのドラゴンカーニバルがヘビーローテーションでかかりっぱなし
んで クラレンスはタバコすわないから
ちょくちょくパーキングエリアで喫煙
んで ちょっと小腹が減ったから広島に入ってすぐのところのパーキングエリアで
プリングルスのサワーオニオンとアーモンドチョコを買った
店員のギャルがちょっとかわいかったから
「ここって 広島ですか?」
って聞いたら「はい」だけで流された
俺的には「どこから来たんですか?」
「え 福岡ですか?」
「私も 実家福岡なんです~~」
「え?福岡のどこなの?」
「近いじゃん^^ 今度一緒に~~」
って流れを期待していただけにちょっと「はい」だけで返されて残念だった

走る事3時間くらいで にのっちと待ち合わせのパーキングに到着
にのっちはカグヤに頼まれたらしいモミジ饅頭を両手いっぱいに抱えていたw
にのっちも 予想通り人がよさそうな感じだった

そして プリングルスとアーモンドチョコを秒殺してしまって胃袋の調子が悪くなったので
なぜか胃薬をもっているニノッチに一つわけてもらった
これで調子がよくなってきた
ここからは しばらく三重まで ドライブ
ドライブ中は話が途絶えることはなかった
モンハンの話がやっぱりメインだ 
あんな武器種が増えたらいいとか タイケンにこんなモーションがあったらいいとか
こんなモンスターが増えたらいいとか
ちなみに俺がイチオシのモンスターは植物系のモンスター
生息地は樹海で なんとか かんとか
本当はもっといろいろ細かいことを考えていたけど
それは次の機会に書きます 

んで いつもスカイプで話ているからなのか まったく話づらいとか
変な間があったりとか無く いつも通りのスカイプって感じw
ただ いつもスカイプで聞いている声が生身の人間から聞こえてくるのはちょっと不思議だ^^

そして大阪をすぎたあたりで
渋滞になった 完全に車がとまって 歩いたほうが早いどころか
ほふく前進でも 早いぐらいのスピードだった
こんなときにどんな事故だよ~~~って思って
事故の原因になった地雷のフェイスを拝んでやろうとおもった
事故の現場まで一時間くらいの渋滞だった
事故の現場は車一台と単車が一台だった
若いイケメンが二人いた しかし車は無傷、、、、
んじゃ 路肩があるところで警察よんでもいいじゃん、、、

渋滞をあけると車は加速しだした
しばらくいくと三重にたどり着いた
カグヤとオニオンはすでにサークルKに集合していたらしいので
そのサークルKに急いだ   っていっても運転はクラレンスだがw
サークルKに到着するなり オニオンとカグヤを探すのはむずかしくなかった
オニオンはブログで写真を見ていたし
カグヤは予想通りのオタク感だ しかも横に痛車が停まってるし間違いないな

これで 全員が集合した
とりあえず腹がへったって事でサークルKの店員にバーベキューの肉と
メシを食える場所がないかと たずねたら
「この道をまっすぐいって なんとか峠をこえたら右手になんとかかんとか・・・」
「わかりました~」
とりあえずまっすぐなのか?
んで 車3台でいく必要はないので1台どうしようか?って話になって
コンビニの店員に一日おかせてくれないかダメもとで聞きにいった
「すみません 車を一日ここの駐車場におかせてくれませんか?」
「え~~よ」
なんという フリーダム
物はためしとはよくいったもんだ

そして喫煙組みと禁煙組みに分かれて肉を買うためのスーパーをさがした
しかし ここらへんは予想をはるかに超えるほどのとんでもないカントリーで
あ~~肉かってきとけばよかったな~~って思ったが
そんななにもないカントリーロードにオアシスのようなスーパーが一軒だけあった
ちょっと寂しすぎる概観だがここで買うしかない
これを逃したら もう何もでてこない可能性が高いとにらんで
5人でそこのスーパーに入った

中にはいったとたん度肝をぬかした
まず 客の平均年齢は90代だ
なのに スーパーの中には人がウヨウヨしている
このスーパーの建物のサイズから考えられないくらいの人の量だ
そこで 適当に肉を買った
夜食用のラーメンも買った
そして となりの酒屋で酒も買った
んで 店員のオバサンに声をかけて
ここら辺メシがうまいところありますか?って聞いた
「この道をまっすぐいって なんとか峠を越えて右になんとかかんとか」
さっきと一緒やんけ  わかったわかった そこしかないんやな OK OK
すると そのオバサンが
「どこから来たんですか?」
おもわず吹きそうになったw  それさっきのパーキングエリアのかわいこちゃんに言ってほしかったわw
なんでババァなんよw

んで メシ食うところを探して走った
しばらくいくと キレイな感じのタンタン麺屋があった
B級やな タンタン麺もいいけど ここはもうちょっといいものを食おう
んで しばらく走ると小汚い看板があった
ちょっと行くと 子汚い看板の店があった
店はちょっと古い感じの小料理屋スタイルやった
ショーケースにはエビフライのデカイのがあった
これしかないな しかし 店の中の平均年齢の高さにびびって
ここに俺たちみたいなやつらが5人ではいっていったら空気見出しそうやし
しゃべりがでかいから他の客の迷惑にもなりそうやし ほかないかな~~
っておもってけど ないからしかたなくはいった
エビフライを注文する予定だったけど メニューを見たらイクラ丼があった
俺はイクラが大好物だから なやんだ、、、
直前までなやんだ
ここは海の近くで川も近いだろうから ひょっとしたらビンのイクラじゃなくって
マジなイクラをだしてくれるのかもしれない、、

注文がはじまってみんなが1500円のエビフライを注文した
あ~~おれもエビフライか、、
するとクラレンスがマグロ丼といった
お  この流れは
「おばちゃん イクラ丼ってイクラいっぱいのってる?」
「うn いっぱいのってるよ」
即答だった 間違いない
んじゃ イクラ丼でって注文した
直前までなやんだ結果イクラ丼の1000円というコストパフォーマンスと
おばちゃんの即答でイクラ丼に決めた

しばらくするとおばちゃんがエビフライをもってきた
ショーケースに飾られていたロウでできたエビほどはでかくなかった
まーかなりデカイほやけど ショーケースほどではなかった
これはイクラ丼で正解だったかな^^
イクラ丼がきた  
イクラ少なっ
んで このイクラ ビンのやつやんけ、、、T^T
んで 米も少ないわ、、、
まーよく考えたら 量ほしいならB級いけって話やな
しかし 量じゃないなら質なら イクラの質もビンで最低やんかって感じ
まーここはエビやったな、、、
んで 秒殺でイクラ丼を成敗したら オニオンがエビフライをくれた
なんか長時間の運転できもち悪いっていってたけど 
多分 俺の残念そうな空気を察して哀れんでくれたんだろうな
いただきます っていってがっついた
しかし エビだけをのこすんやったらまだしも 茶碗蒸しとかサラダとか米とか
全部のこしてるやん、、 これはガチで食欲ないのか、、

んで 店に唾を吐きつけて キャンプ場にいそいだ
途中の道で マックの看板なのになぜか緑色やったり
わけのわからん税金のムダとしか言いようのない道路のオプションみたいなのがあったり
ジャスコの看板があったり なかなかおもしろい道だった
しばらくすると なにもなくなった 本当に山と川だけになった
川の向こうにキレイなコテージが見えた
おお いい感じのところだ
しかし 道もせまいし まわりにはなんにもないし
山ばっかりのところによくこのコテージの材料運んだな~~って感じだった
どうやって運んだんだ、、

到着
キャンプ場はここhttp://www.ztv.ne.jp/web/campinnmiyama/
受付にいったら 若いけど あんまりかわいくはないねぇちゃんにいろいろと説明をうけた
久々に若い人を見たからちょっと錯覚しそうになった
んで 受付の横にOLが使うみたいな低スペックのPCがあったから
カグヤと一緒に「宣伝や~~」っていって
とにかくガンスの動画を垂れ流して受付を去った

川原ではオニオンが自慢の強肩スキルで石ころをなげていた
さすがやな だてに中学野球の日本代表やないな
おれなんか歯がたたなかった

カグヤとにのっちは受け付けでかったアイスにがっついていた
んで 俺はカエルのケージに入れる石を探していた
なかなかちょうどいい石がなかった

コテージに向かう
コテージをキレイな感じで二階建てだった

DSC00678_convert_20091103082337.jpg
これはガンバレば十人はINできるって感じだった
つくなり そっこーでTシャツとマグカップを箱からだした
カグヤの家にこれを送りつけたんだけど カグヤも生のリアクションをするために
箱をあけていなかったらしい
ぬかりないなw
中身をみてみると 以外に良いつくりだった Tシャツはちょっと安い感じだけど
マグカップは100点やっていいくらいだった
Tシャツをきて記念撮影をかわらやコテージでした
.;
DSC00673.jpg
gfd.jpg

hfuidsap 004

次は余分分のTシャツやマグカップをかけてゲームをすることになった
カグヤが痛い感じのトランプをもってきたので
トランプで遊んで 一番になった人がほしいものをゲットする流れ
最初はポーカーで俺が買った
他にも神経衰弱とかババ抜きとかでそれぞれほしいものをゲットした

日が暮れてきてBBQをすることにした
受付で借りたBBQコンロに炭を入れて火をつけようといろいろ試すがいまいち火がつかない
そこで多分1時間くらいがんばった しかしまったくつかないw
ゲームでは簡単に肉を焼くもんだが まさか火をつけるのにここまでてこずるとは、、
着火剤を受付にいけばすぐに買うことができたのだが負けた気がするのでなんとか粘る
しかし つかない
あきらめてニノッチがチャリンコで受付に着火剤を買ってきてくれた
着火剤を使ってもすぐに火はつかなかったので
これは炭が悪いっていうことにした
多分客がこないから湿気ていたのだろう 間違いない、、

BBQは言うまでもなくうまい とくに鳥のホルモンがうまかった
しかし このホルモン 商品名こそホルモンって書いてあるが
ただの鳥肉に鳥の皮がちょっとついている感じ
ぜんぜんホルモンじゃない うまいけど
三重ではこの肉のことをホルモンと呼ぶのだろうか、、、

酒を飲みながらホルモンを食っているととんでもないだるさと眠気に襲われた
座布団を二つにたたんで頭に挟んだら記憶が飛んでいた

気がつくとBBQも終盤なのか 軽く片付けが始まっていた
俺も重いボディーに鞭をいれて手伝ってから だるいから後は明日やろうぜといって
いやなことは後回しにすることにした
部屋に入るとニノッチの土産のはっさくのゼリー食った
これは かなりうまかった 広島の土産はモミジ饅頭ではなくはっさくゼリーのほうが断然うまい
そこらへんでとんでもなく眠くなったので 一足早く俺単独で寝ることにした

目が覚めると真夜中で 時間は四時くらいだった
俺は月曜の朝から仕事だったので 仕事の道具をもってきていた
この仕事を済ませるなら今しかないと思って
階段を机と椅子にして 階段の上の小さな電球で軽く1~2時間くらい仕事をした
そうこうしているうちにカグヤが目をさました
みんなが何時くらいに寝たか聞いてみると夜の8時とか9時らしいww
大爆笑だw
だって わざわざみんな集まって 夜食まで用意して
寝るの早すぎだろw
ま~出たのが夜中だから無理もないし
一番先に寝たのが俺なんだが。。。。w

にのっちをのぞく全員が目をさましたので
当然の様に肉を焼くことにした
昨日の着火剤の残りをつかったが やっぱりなかなか火がつかない
とんでもない 炭だな
しかしクラレンスのウチワでの煽り乱舞の効果もあって火がのってきた
しかしクラレンスはスタミナ切れでヘトヘトだった
強壮薬もってきとけばよかったのにな

肉が焼ける状態になったのでニノッチをおこしに二階にいった
ニノッチは裸で寝ていて爆笑したw
しかも ここは三重のドイナカでとんでもなく朝寒いのにww

にのっちと俺とカグヤが肉をがっついて なぜか食欲のないクラレンスが火の調節と
肉焼きを担当  さすがやな
んで 朝からジーマを飲んだ  
オニオンは食欲がないらしくダウンしていたので
ケツにスパンキングをしてやった

BBQの肉もつきちょうどいい感じになったら
にのっちが夜食用のカップラーメンを食いだしたw
そしたら さっきまで食欲がないっていっていたオニオンとクラレンスもくいだしたw
カップラーメンの力はすごい  BBQよりカップ麺かw
メシをくって ちょっと痛トランプで遊んで BBQのかたづけ
みんなが連携して 片付けや清掃はすぐに終わった さすが猟団やな
一丸になってる、、
そして 時間もすくなくなって キャンプ場を後にして
カグヤの車のあるサークルKを目指した
イタズラされてないか心配だったが
痛車はおいたままの姿でまっていた
さすがや

オニオンがなぜかマグカップの裏にサインを  
とのことだったのでみんなで寄せ書き風にサインした
そして 「んじゃ オンラインで会おうぜ」っていって
カグヤとオニオンとサヨナラした

帰りの車は好調だった
ってのも 行きは夜中ですでに疲れている状態からのスタートだが
帰りは寝ておきて 体力がある状態からのスタートだから。
しかし運転するクラレンスはどちらにしろキツイだろうが、、
おつかれさまです><

帰りの車もモンハンのことについてしゃべったり
この猟団に入る前はどこの猟団にいたとか 話は盛り上がった
そしてニノッチの地元の広島でお好み焼きを食うことにした
店はにのっちがいつも行っている近所でうまいと有名の店らしい
5時開店の店で俺たちは4時50分くらいについて
開店そうそう店に乱入した
店の中でスタミナっていう一番ガッツリしたお好み焼きにソバをWにして
考えられる最高のメニューを注文した
メニューをまっている間に 客がどんどん増えて 開店から10分くらいで
店は満杯だった さすが 人気の店だ
そうこうしているうちにお好み焼きが運ばれてきた
感想としては うまい
なにこれーー くったことない味~~
って感じではないが うまい
地味にうまい 
なんかうまい
使っているものはいつも口にしているものと変わりないのだろうが 
バランスがいいのか なにか工夫しているのかわからんが
うまかった
小食のクラレンスも食いあげていた
そして お好み焼き屋の料金をにのっちがおごってくれた
ありがとうございます ごちそいうさまでした
にのっちとお好み焼き屋の近くのコンビニでさよならして
また 長い道のり
一番キツイところなんだが クラレンスとの話は恋愛の話でもりあがったw
そして 俺を家までおくってくれた
ありがとう 家までおくってくれて助かりました

このオフ会をやってみて 

面白かった 本当は2泊したかった
場所が遠いから1泊だと最初の一日目が移動でつぶれてしまう
しかし 社会人には3日の休みをいただくのはなかなか困難
しかし ま~~次はこの点を踏まえて策を考える必要がある
そして 次はTシャツとマグカップではなくステッカーかタオルかなにか
違うグッズを作ろう
ぜひ また 近いうちにやりたいと思う
楽しかったぜ 
みんな おつかれ~~~




スポンサーサイト
[ 2009/11/03 09:40 ] 未分類 | <TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ブレイブハートfrom7

Author:ブレイブハートfrom7
ブレイブハートfrom7の団長ターキーのブログです
猟団のことや自身のことや攻略などなど載せて行きます
ニコ動にも動画UPしています

最近のトラックバック
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。