mhf サーバー1猟団 ブレイブハートfrom7 攻略

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

オルガロン 

天パのみなさん こんにちわ
今日 公式でオルガロンの情報が公開されていた
そこで 公開されている情報からオルガロンの生態や特徴を予想しようと思う

オルガロンは雌雄で行動するらしい
見た目で感じ取れるのは 

骨格は狼に近い、、
狼といったら雌雄のペアを中心とした2-20頭ほどの
社会的な群れ(パック)を形成することは誰でも知ってるはずだ
それだけじゃなく シカなど大きな獲物を狩るときは群れで行動し
長時間の追跡を行う 獲物の群れの弱い個体(病気、高齢、幼体)を捕まえることが多い。
と あるので PTの中で一番HPが低いキャラや防御力の低いキャラを狙ってくるほどの
AIを持っていたらカプコンに拍手喝采
オオカミとACミラン所属のガットゥーゾの
持久力は半端じゃなくて最高速度の時速70kmなら20分間、
時速30km前後まで速度を落とせば一晩中獲物を追い回すことができる。

遠吠えは、群れの仲間との連絡、狩りの前触れ、縄張りの主張などの目的で行われ、それぞれほえ方が異なるといわれる。合唱のように共同で遠吠えすることもある
実際の戦闘で雌雄の遠吠えが時間差でくるのなら 耳栓無しで戦うのは至難の業になりそう
オオカミは気温の低い北山脈にも生息しているので 雪山のクエも今後出てくる可能性はある

舌、、
舌を犬のようにたらしている 犬は人間より汗腺がすくないが
唾液の量が多く 舌をたらして唾液を蒸発させることで体温調節している
オルガロンもおそらく 激しい運動が続いたときは舌をだして温度調節をするのだろう

タテガミ
ライオンのように頭部全体をタテガミで覆っている
ライオンのタテガミは体を大きく見せたり
頭部や頸部に対しての攻撃を防ぐのに役立つと考えられている
このことから オルガロンも頭に対する防御力は高い スタンをとるのも厳しそうだ

それに加え馬のようなタテガミが頭部から頚椎をそって尾の先端にまで生えている
これも体を大きく見せるためでもある
ちなみに馬のタテガミの意味はエサ地に移動する際
林の中を移動する そのとき上部の木の枝から身をまもるためだといわれている
人間の毛髪も少しでもなにか触れば敏感に反応するのと同じらしい
そう 考えると ひょっとしたらオルガロンも小さな穴や草木が密集している場所も
生息地域になるのだろうか?密林や盛岡市の森林でのクエストも今後考えられる

筋肉、、
ライオンや虎の様な大型肉食獣みたいな筋骨隆々の筋肉ではなく
どちらかというと犬やQちゃんのような持続的な赤筋系の筋肉のようだ
一撃のパワーではなく早い攻撃を連続的且つ持続的に繰り出してきそうだ

尻尾、、、
尻尾の形や大きさも特徴的 キツネやジャッカルのように尻尾が長く
ただ形状は根元が一番太く 先端にしたがって細くなる
先端には長い毛が生えている
おそらくキツネのように走る向きを変えるときに舵取りの意味で尻尾が長くなっているのだろう
よって突進の時のホーミング能力は高いと予想できる

歯の形状 
奥歯にはすり鉢状に溝が重なった歯が16本あることから
肉食だけではなく 寒冷季等の捕食が厳しい時期や傷を負って狩ができない時の非常事態には
草食になって植物や木の実を非常食にすることができるため 
オルガロンはどちらかと言うと雑食動物だと言える
だが胃は一つで 腸も長くないので植物を完全に消化することはできない
よって あくまで非常食であってメインは肉食だと考えられている


雌雄の判別
毛の色
様態の時は灰色で柔らかな毛で覆われているが
生態になるとオスは黒 メスは白に変色する

犬歯 
オスにはサーベルタイガーのような極太の犬歯が生えている
メスの犬歯はそれほど大きくない よってオスの方が噛み付きの攻撃力が高いと予想できる

目の上の突起 
オス限定の者で赤紫色をしている 頭蓋骨の一部が進化したものと考えられている
これはオス同士の縄張り争いやエサの取り合いの際に眼球が傷つくのを防ぐ役割がある

性器
オスの性器は猫科の性器のように 亀頭に逆棘状の微細な角質化した突起があり
これが交尾を終えてペニスを膣から引き抜くときに強烈な刺激を与えることになる
交尾の最中の雌は恍惚とした表情をしているのに
オスが射精を終えてペニスを引き抜く瞬間に痛みで激怒してオスに食いつこうとする
雄は一目散に逃げる 目の上の突起はこの雌の攻撃から身を守るためでもある
この痛み刺激がメスの排卵を促す よって雌は完全なドMである

また オスの性器の逆棘は普通のネコ科動物よりも異常に発達していて
最終的な攻撃手段としても用いられる 
オルガロンに敗れたハンターの遺体の下半身が裂けた状態で発見された例も少なくない
しかし死因は出血多量だけでなく 精液に含まれる毒が原因という説もある
精液に含まれる毒は非常に強力では5μgで人間の大人を死に至らしめるという
猛毒で有名なヤドクガエルの毒の5倍の致死量である

その一方 繁殖季のオスは性器をだしっぱにしているので
繁殖季は破壊しやすい部位にもなり 逆棘は非常にレアな素材として重宝されている
古代部族では 罪人に罪を与えるために
オルガロンの縄張りに裸で両手両足を縛った状態で転がしておく罰があったという説がある

また 現在でも ある部族では狩りにこの習性を利用している
内容は裸の成人男性を落とし穴の上に配置してオルガロンを落とし穴に誘導するという手法
これは その部族の青年が大人になるときに経験しなくてはならない儀式の一つで
勇気の証になっている
よってオルガロンのオスはとんでもないバイセクシャルである

ここ表記されている文はいろんなサイトから抜粋
スポンサーサイト
[ 2009/08/21 17:48 ] 未分類 | <TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ブレイブハートfrom7

Author:ブレイブハートfrom7
ブレイブハートfrom7の団長ターキーのブログです
猟団のことや自身のことや攻略などなど載せて行きます
ニコ動にも動画UPしています

最近のトラックバック
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。